和式便器のトイレリフォーム

和式便器から洋式便器へリフォームを行うと多くのメリットを得ることができます。高齢者など足腰が弱い方には、負担軽減になり快適な使用へと繋がります。近年では、洋式も快適に使用できる機器が開発されていますが費用と工期がわからない場合もあります。各種ポイントを押さえたうえで、業者に依頼すると良いでしょう。

■和式から洋式へ!交換やトイレリフォームの種類

和式から洋式へ交換するにあたり、複数の種類があります。洋式便器を置くだけだと、本体費用だけで問題ありません。一方、和式から洋式に設備を変える場合は、本体以外に配管工事や撤去に掛かる費用が必要です。電気工事をする場合も、作業費が掛かります。
個室全体をトイレリフォームする場合は、壁紙や床材の張替費用が掛かります。建築業者はもちろん、水道修理業者でも対応してもらえる所はあります。汲み取りタイプから水洗トイレへリフォームを行う場合は、下水道を引くことが必要です。市区町村の水道局に連絡をしたうえで、作業を依頼することになります。

■和式から洋式へのトイレリフォーム期間

和式から洋式へトイレリフォームをするにあたり、必要となる工事期間を知っておくと良いです。機器の取り付けや交換のみだと即日で完了できる場合もあります。
トイレリフォームでコンクリートの床にする場合は、最低1日は養生することになります。天候などによって乾き具合が異なるため、数日かかることもあります。壁は、パネル仕立てにするなど簡単にはめ込める場合は期間が掛かりません。たとえ和式トイレの段差があっても、構造に合わせた機器の設置や交換をすることもできます。
高齢者家族がいる場合、転倒防止を図るための手すりを付けたり、介助を行う人が入れるように配慮したトイレリフォームが必要です。その場合は工現地調査や見積もりなどを依頼した際に希望を伝え、専門家のアドバイスを仰ぎましょう。
注意点として、トイレリフォームの工事期間中は当然トイレが使用できません。工事が長期に及ぶ場合は仮設トイレを設置することはもちろん、業者とともに負担を可能な範囲抑えられるプランを決めておくことも必要です。

■まとめ
和式から洋式へトイレリフォームするにあたり、いくつかの方法があります。単純に便器を交換するだけであれば費用や工事日数も少なくて済みます。その一方で、機器だけでなく床や壁だったりライフスタイルに合った設備に変える場合だと相応に期間を要します。長期にわたる場合の対策を考えておくことも、必要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ