水洗トイレへのトイレリフォーム

築年数が長かったり配管が繋がっていない家屋では、汲み取り式トイレを設置している所もあります。現代では和洋問わず水洗トイレが主流となっており、快適さと衛生面の向上を求めてトイレリフォームをする方も増えています。各種メリットや費用などを確認すると良いです。

■汲み取り式から水洗トイレへ!仕組みの違いとリフォームの流れ

かつては一般的だった汲み取り式のトイレは、便器の下などに深く穴を掘り、し尿をため込んでいる状態です。害虫や悪臭が発生しやすく、定期的に汲み取ってもらうことが必要です。汲み取り式トイレを水洗トイレにすることで、見た目が美しくなりますし害虫の発生を防ぐことに繋がります。
トイレリフォームの方法は、浄化槽や下水道などにトイレを繋げて完全水洗化をします。ただし、浄化増の設置が必要な場合は設置費用が掛かります。地下の工事だったり機器の買い替えなどをすることで、相応に高額になります。工事期間も長期になることも多く、1か月ほど要することも少なくありません。排水管そのものがないなどの場所によっては、トイレリフォームができないこともあります。予算だけでなく、専門業者にリフォームが可能であるか確認することが必要です。

■負担軽減へ!トイレリフォームの費用を抑えるためのポイント

汲み取り式から水洗トイレに変える場合、費用が高額になりやすいです。可能な範囲でトイレリフォームに掛かる費用負担を抑えるための方法はあります。
自治体によっては水洗トイレに変えるための浄化槽の設置やトイレリフォームを必要とする際、補助金が出ます。特に水洗トイレの普及が少ない所では、衛生面などを考慮して積極的に採用している場合もあります。ただし浄化槽のタイプが限られていたり、工事前の申請が必要な場合もありますから、注意してください。
複数の業者から相見積りをとることで、おおよその費用相場の確認に繋がります。たとえ高すぎても避けることができますし、低すぎると説明を求めることができます。全部トイレリフォームすると高額になりますが、機器だけなど必要な機能やオプションのみにする方法もあります。遠方の地域だと別途出張料金が発生する可能性があり、確認すると良いです。

■まとめ
汲み取り式から水洗トイレにすることで、衛生面や快適な使用に繋がりやすいです。その分、相応に費用と時間が掛かります。トイレリフォームを推進している行政だと補助金を設けているなど、費用を抑える方法はあります。工期が長くなる場合には、仮設トイレ設置などの対策が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ