新型洋式便器へのトイレリフォーム

近年では、節水や節電タイプや性能の高い洋式の機器が開発されています。トイレリフォームする場合、本体価格だけでなく設置するための費用や床や壁の材料費も掛かります。各種ポイントを押さえることで、希望に応じたトイレリフォームへと繋げることができます。

■洋式トイレリフォームに掛かる費用

トイレリフォームをするにあたって、方法は複数あります。洋式で普通の便座から温水洗浄便座に買い替える場合、価格は抑えやすいです。室内にコンセントがあり、相応に工事に関する知識や工具がある場合、費用は機器の料金だけで済む場合もあります。便座の交換だけであれば自力でも簡単に行うことができるため、もっとも費用を抑えることができます。
床や壁の張替をする場合は、機器の知識だけではいけません。便器本体を外す必要性があるため、専門業者に依頼するようになります。張替と便器交換を一緒に行うことで一日で作業を終えることが可能で、費用も抑えることに繋がります。
洋式トイレではタンクレスタイプもメーカーで開発されていて、高い節水効果をもたらします。ただし狭い場所だったり配管のつくりが難しい場合は、対応が難しいこともあります。手洗い器を設置する場合は、別途費用が発生します。

■洋式タイプも進化!トイレリフォームの方がコスパは高いか

近年では、洋式タイプも節水や節電だけでなく快適に使用できるような性能が整っています。故障で修理するよりも、トイレリフォームをする方が長い目で見ると、コスパが高い場合も多いです。特に長年使用している既存の洋式タイプだと、水道代の節約効果などもあるため、費用面でも得になりやすいです。
リフォーム後は機器のトラブルなどが起こる可能性があるため、アフターサービスも確認しておくべきです。メーカー保証に加えて、業者独自で工事保証が付いていると長く快適な使用へと繋がります。
一般的にトイレの寿命は概ね7年から10年です。使用頻度によって寿命は異なりますが、年数が経てば電気基盤の不具合や水漏れなどのトラブルが起きやすくなります。数年に一度で良いので、定期的なメンテナンスをすることで長期間の使用へと繋がります。

■まとめ
洋式タイプをトイレリフォームするにあたり、近年では節水節電をはじめ高い性能の機器が開発されています。特に長年使用している場合は、買い替えをすることでコスパが高くなることに繋がりやすいです。長期保証が受けられたり、メンテナンスの依頼にも迅速に応えてもらえる業者だと長く快適に使用することができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ